カートの中身を見る

» カートの中身を見る


名前

マリア

メモ

ご来店ありがとうございます。 人気のアメーバ・ブログ『マリアのチャネリング・メッセージ』のマリアでございます。 https://ameblo.jp/tamakia 新しくネットショップを立ち上げましたが、銀行振り込みのみです。 クレジット決済をご希望の方は、こちらからhttps://mariahealing.thebase.in/ 商品をお買い上げの方には、srs0260.cuenote.jp経由でからメールが届きます。このメールが届くよう設定よろしくおmariashealingstudio@gmail.com願いいたします。こちらからのメールが届いていないようでしたら、迷惑メールを確認してくださるようお願いいたします。そこにもないようでしたら、ご遠慮なく、お問い合わせくださいませ。 著書『見えない存在が教えてくれる幸運でいっぱいになる本』はこちらからAmazon


店長日記はこちら

11月22日(木)グループ遠隔ヒーリングのご報告
メールマガジン サンプル号
8月27日(月)グループ遠隔ヒーリングのご報告
9月24日(月)グループ遠隔ヒーリングのご報告
10月23日グループ遠隔ヒーリングのご報告
11月22日(木)グループ遠隔ヒーリングのご報告
 
今回は、大天使ラファエルが、中心になってヒーリングを執り行なってくれました。
その前に、数分間、虹色の光を司る存在たちが、すべてのチャクラを浄化していきます。
 
7つの光によって、恋愛にまつわる悲しみや恥のエネルギーがクリアにされていきました。
さらに、背骨に光が流され、結婚への抵抗感や怒りのエネルギーが浄化されていきます。
 
次は、プレアデスの光の使者たちがやってきて、皆さんを光の箱に入れていきます。
数分間、足から手、さらに7つのチャクラを結ぶ性的エネルギー経路が浄化されていきます。
 
「男女関係=主導権争い」、「結婚=苦しみの始まり」
「恋愛=だまし合い」、「愛=幻」、「愛など不要」
「女は評価されない」、「男は利己的」、「男は利用価値がある」
「男に欲しがられる女でいなければならない」、「相手に夢中になっているふりをしていればいい」
 
このような男女関係におけるメンタル・ブロックが溶かされていきました。
それでは、皆さんの空間にヒーリングのための光の神殿が建てられていきます。
 
大天使ラファエルがやってきて、エメラルドの光線を、皆さんのいる空間に注いでいきます。
天井にはバキュームが設置され、不要なエネルギーが吸い込まれていきました。
 
ハイアーセルフや、宇宙からの光の使者たち、女神、マスターたちが、ヒーリングのサポートのために、やってきています。
チャクラを見て、男女関係を妨害している信念体系をクリアにしてくれるようです。
 
 
では、過去・現在・未来のパートナーとの関係を妨げている思考を修正していきましょう。
尾骨のチャクラから見ていきます。
 
このチャクラから、トゲのようなものを出している方がいらっしゃるようです。
近寄った人は、何となくトゲトゲしさを感じているかもしれません
 
セクハラや、からかいなど、望んでいないことをされた経験があるため、トゲトゲしいエネルギーを出し、無意識に自分を防御しているようです。
人が近寄ってこないため、不思議に思っているかもしれません。
 
思い当たる方は、「異性を信頼してはいけない。異性に近づくことは危険なこと」と書かれた紙が、目の前にあると思って、何度も息を吹きかけて破りましょう。
それを炎の中に投げ入れる動作をした後、「信頼できる異性に心を開くことを自分に許す」と宣言しましょう。
 
 
信頼していた異性に裏切られ、恨み続けているため、トゲが出ている方もいらっしゃるようでした。
「恋愛すれば、相手の魅力に骨抜きにされ、無防備になってしまう」と恐れているかもしれません。
 
思い当たる方は、「恋愛すれば、夢中になり、だまされてしまう」と書かれた紙が、目の前にあると思って、何度も息を吹きかけて破りましょう。
それを炎の中に投げ入れる動作をした後、「私は、信頼できる人と愛ある関係を築くことができる」と宣言しましょう。
 
チャクラに浄化の光が流され、怒りや警戒心のエネルギーがクリアにされていきました。
と同時に、トゲのようなエネルギーも除去されていきました。
 
 
 
次は、へそ下のチャクラです。
パートナーとの間にある不健全なエネルギーコードを抹消していきます。
 
攻撃的な態度で、威圧してくるパートナーにエネルギーを吸い取られているようでした。
パートナーに嫌われるのが怖いため、相手の指示に、まじめに従っているようです。
 
弱みを握られているせいか、「耐えるしかない。パートナーシップとは苦しいもの」と思い込んでいるかもしれません。
こうした従順すぎる恋愛観や思考パターンは、親から引き継いだもののようです。
 
思い当たる方は、「パートナーにノーと言ってはいけない。嫌われ、捨てられたら、生きていけないのだから」と書かれた紙が、目の前にあると思って、何度も息を吹きかけて破りましょう。
それを、炎の中に投げ入れる動作をした後、「私は、したくないことをしない自由と勇気を持っている」と宣言しましょう。
 
大天使ミカエルがやってきて、コードを切断するのをイメージしてください。
コードが抜けた穴に光が満たされていきます。
 
このチャクラに、エネルギーレベルの寄生虫のようなものが入り込んでいる方もいらっしゃるので、クリアにしていきましょう。
嫌われてしまうことへの恐れのエネルギーを食べて、増殖していた虫たちが駆除されていきました。
 
 
次は、みぞおちのチャクラです。
反対に、不健全コードを、パートナーに向けて伸ばしている方がいました。
 
パートナーに対してライバル意識を持ち、優位に立ちたいと思っている方のようです。
「あなたは私なしでは生きていけない」といった思考を、コードを通して送っているかもしれません。
 
「あなたは間違っている」、「自分の方が、うまくできる」、「私の言う通りにすべき」といった考え方を、相手に植え付けようとしている方もいました。
パートナーに対決姿勢を燃やしてしまうのは、愛される価値に自信がないためかもしれません。
 
「パートナーは私のことなど愛していない。私は、むしろバカにされている。私の方が上だと証明する必要がある」
→「パートナーは、運命共同体。共に愛し合い、支え合う伴侶」
 
先程と同じように、このようにエネルギー交換することで、コードが切断されていきます。
コードが抜かれた穴に光が満たされていくのをイメージしてください。
 
チャクラに、寄生虫のようなものが入り込んでいましたので、クリアにしていきます。
バカにされることへの恐れのエネルギーを食べて、増殖していた虫たちが駆除されました。
 
 
次は、ハート・チャクラです。
エネルギーレベルのフックのようなものが刺さっていましたので、抹消していきます。
 
お互いが「相手は、私のことを邪魔だと思っているに違いない」と思い込み、会話がなくなっているかもしれません。
自分の立場を守るため、フックを出して傷つけ合っているようです。
 
思い当たる方は、「パートナーは私を邪魔者扱いし、追い出そうとしている」と書かれた紙が、目の前にあると思って、息を吹きかけていきましょう。
その紙を、先程と同様に処理し、「私には大切にされる価値がある。私たちは、お互いに良い影響を及ぼし合っている」と宣言してください。
 
不信感と共に刺さっていたフックが回収され、光に変わっていきます。
フックが刺さっていた傷跡に光が満たされていくのをイメージしてください。
 
 
次は、喉のチャクラです。
吸盤のようなものを、くっ付けられている方もいらっしゃるようでした。
 
パートナーは、あなたの愛に依存しており、さらなる承認や関心を必要としているようです。
「逃げられるのではないか」と恐れ、あなたを独占しようとしているかもしれません。
 
そんなパートナーの顔色をうかがい、「〜したい」「自由になりたい」「好きなようにしたい」と言えない方がいらっしゃるようです。
パートナーの前では緊張し、言葉がうまく出てこない方は癒していきましょう。
 
思い当たる方は、「パートナーに何も要求してはいけない。自由を求めれば、機嫌を損ねて、去っていくだろう」と書かれた紙が、目の前にあると思って、息を吹きかけていきましょう。
その紙を、先程と同様に処理し、「私は、自由。自由な表現を自分に許す。私たちは、支え合っている」と宣言してください。
 
吸盤がクリアにされていきました。
依存心がクリアにされ、吸盤を抜いた穴に、光が満たされていきます。
 
 
逆に、吸盤を、恋人の喉にくっつけている方もいらっしゃるようでした。
わがままを言い、メールがないだけでも怒っているかもしれません。
 
二人の恋に温度差を感じ、不安になっているようですが、考えすぎだと思われます。
相手の口数が少なくなっているため、「私はあきられたのだ」と泣いているかもしれません。
 
吸盤を外し、彼を自由にしてあげましょう。
そうすることで、彼はパワーを取り戻し、愛を返してくれるようになるかもしれません。
 
思い当たる方は、「彼がしゃべらなくなったのは、私に愛想をつかしたから。私の愛は一方通行。別れるしかない」と書かれた紙を、先程と同様に燃やすイメージをしていきましょう。
「彼を信じて、待つことができる」と宣言しましょう。
 
相手につけた吸盤が回収され、光になって戻ってきました。
不安やイライラのエネルギーもクリアにされていきました。
 
 
次は、額のチャクラです。
異性やパートナーと一緒にいても、ほとんど笑わない方もいらっしゃるようでした。
 
「愛されたい」という感情を抑え込んでいるかもしれません。
本当は仲良くしたいのに、「なるべく一緒にいたくない」という態度を取っているようです。
 
「拒否されたくない」という気持ちが強すぎるのかもしれません。
ツンとしているのは、拒否される不安を隠そうとしているからのようでした。
 
思い当たる方は、「私はあらゆる点で人より劣っている。愛されるはずがない」と書かれた紙が、目の前にあると思って、息を吹きかけていきましょう。
その紙を、先程と同様に処理し、「私は、ちゃんと愛されている。人の愛を受け取ることを自分に許す」と宣言してください。
 
拒否されることへの恐怖のエネルギーを食べて増殖していた寄生虫もクリアにされました。
 
 
次は、頭頂のチャクラです。
パートナーから放たれた言葉の矢が、頭に刺さっている方がいらっしゃいました。
 
夫婦共に忙しく、ストレスが溜まっているためか、言葉遣いが荒くなっているようです。
相手の弱点をつつき合って、日頃のうっ憤を晴らしているようでした。
 
刺激的な言葉で、互いのメンツを潰し合っている方もいるかもしれません。
心身共に疲れているため、相手の感情との間に、健全な境界線を引く余裕がないようでした。
 
こうしたパターンは、親から受け継いだものかもしれません。
「自分が不幸なのは、相手のせい」と責任転嫁し合うパターンを解除していきましょう。
 
思い当たる方は、「私が不幸なのは、私の頑張りを全く認めてくれないパートナーのせい」と書かれた紙を、先程と同様に、燃やすイメージをしていきましょう。
「私たちは幸せになるため手を取り合って頑張っている。パートナーの良い面を見て、感謝することができる」と宣言しましょう。
 
双方に刺さった矢が回収されてきて、光となって、統合されていきます。
怒りのエネルギーもクリアにされていきました。
 
 
 
最後に、オーラを見ていきます。
板のようなものを置いて、異性やパートナーとの間に壁を築いている方がいるようです。
 
異性やパートナーには、「愛していると知られたくない」と感じているようでした。
プライドが高いため、「相手に夢中になっていることが知れたら、軽く扱われてしまう」と恐れているかもしれません。
 
「愛してもらなくても平気。あなたの愛など不要」と思わせたいようです。
その方が優位に立てると思い込んでいるかもしれません。
 
思い当たる方は、「相手に夢中になっていることを知られてはいけない。それは危険で屈辱的なこと」と書かれた紙が、目の前にあると思って、息を吹きかけていきましょう。
それを先程と同様に処理し、「私は、異性の愛を必要としている。愛してほしい、と言っても安全」と宣言してください。
 
異性やパートナーとの間にある板がクリアにされていきました。
拒絶されて恥をかくことへの恐れなどもクリアにされていきます。
 
 
逆に、異性との間に、健全な境界線を引けない方もいらっしゃるようでした。
気が進まない関係をズルズルと続けるパターンをクリアにしていきましょう。
 
相手の中に、どうしても好きになれない点があるのに、目をつぶって交際しているようです。
「今の人と別れたら、一生、独身」と思っているかもしれません。
 
「他に好きになってくれる人はいないのだから、嫌いな人とでも我慢して付き合うべき」
→「自分の直感を信じて、付き合う人を替えていいと知っている」
 
先程と同じように、エネルギー交換していきましょう。
オーラの境界線が強化されていきます。
 
 
オーラが小さすぎて、異性を受け入れる器が狭すぎる方もいらっしゃるようでした。
好きな人ができても、価値観の違いに気づくと、すぐに別れを決意しているかもしれません。
 
「少しでも価値観が違う人とは付き合えない」
→「愛する人と長く付き合っていくため、相手の気持ちを理解して、寄り添うことができる」
 
同様にエネルギー交換していきましょう。
思い込みのエネルギーがクリアにされ、オーラの幅が広がっていきます。
 
 
 
後半は15分ほどで、高次の宇宙エネルギーによる、恐れのエネルギー浄化が完了しました。
気持ちが楽になり、前向きに行動することが容易になってくるでしょう。
 
その後、15分間ほど、自律神経のバランスが取るヒーリングが行なわれました。
ホルモンバランスも取れ、頭がスッキリしてくると思います。
 
大天使ラファエルからのメッセージです。
 
――晴れの日もあれば、雨の日もあります。
同じように、心の天気が変わるのは、自然なことです。
 
パートナーシップにも、嵐や吹雪が吹き荒れるのは当然かもしれません。
幸せを感じる日もあれば、愛される価値に自信を失ってしまう日もあるでしょう。
 
「パートナーシップは、常に喜びに満ちたものでなければならない」と考える必要はないのです。
パートナーシップがうまくいかないからといって、自分やパートナーにダメ出しする必要はありません。
 
 
誰もが「パートナーに、もっと、〜してあげたい」と心の中では思っています。
あなたも「二人で幸福感や喜びを得たい」と願っているはずです。
 
しかし、トラブルに見舞われ、心が弱ってしまえば、相手に対する気遣いが減ってしまうのは当然です。
「どうして、相手に、もっと〜してあげられないのか」と自分を責める必要はありません。
 
疲れて、心の余裕がなくなっているなら、まず自分を励まし、癒していきましょう。
パートナーには、「今は疲れているから、優しくできない」と正直に伝えればいいです。
 
 
とはいっても、多くの人が、異性とのコミュニケーションに苦手意識を持っています。
ちょっとした、すれ違いによって、自信を失ってしまう人も多いかもしれません。
 
元々、異性嫌いな人もいれば、一人で過ごす時間が必要な方もいたようです。
あなたもパートナーも、何らかの理由で、自分の愛される価値に不安を持っているかもしれません。
 
相手の一挙手一投足に反応するのではなく、相手が関係を続けようとしている努力を認めてあげてください。
相手の努力を認めることで、あなたの努力も相手から認められるようになるでしょう。
 
 
 
また、本日は、未来のパートナーとの関係性も癒していきました。
パートナーがいない方も将来、起こり得る問題を回避できたかもしれません。
 
ふさわしい相手と幸せになれる可能性が高まりましたので、積極的に恋していきましょう。
今まで恋がうまくいかなった方も、希望を取り戻してください。
 
ただし、交際する上で、「こんなふうに見られたい」と、自分のイメージにこだわるのはやめた方がいいかもしれません。
「あの人は私のことをどう思っているのだろう」と気にしてばかりいれば、恋愛は楽しくなくなります。
 
 
「私は、こういう女性」と、相手に印象付けようとするのはやめましょう。
相手の反応ばかり気にしていると、素直な自己表現ができなくなり、関係もギクシャクしてきます。
 
相手の反応にビクビクしているなら、付き合うこと自体が苦痛になるはずです。
「絶対に、嫌われるようなことはしたくない」という執念は手放す必要があります。
 
相手が、あなたのことをどう見ようと、関与しない勇気を持ちましょう。
相手の気持ちをコントロールしようとするのをやめると、気持ちが楽になります。
 
 
理想的な女性を演じられなくてもいいのです。
仮面を着けて、付き合うことに成功しても、いつかその仮面を取る時が来てしまいます。
 
その日を恐れてビクビク生きることは、苦痛以外の何ものでもありません。
一緒にいる相手も、楽しくないでしょう。
 
あなたを愛してくれる人は、あなたの本当の姿を知りたいと願っているはずです。
恋に、印象操作は不要だと知ってください。
 
 
自分の嫌なところを隠したいのは、あなた自身が「相手の嫌なところは見たくない」と願っているからかもしれません。
「相手の嫌なところを見れば、すぐに冷めてしまう」と思っていないでしょうか。
 
あなたがそうであるように、欠点のない人などいません。
あなたの理想を100%満たす人などいないと知ってください。
 
「心から、この人と付き合いたい」という気持ちに従い、関係を深める時です。
「相手の嫌な所もちゃんと見て、受け止めていこう」という覚悟があるなら、誰とでも幸せな関係を築けるでしょう。
 
 
しかし、意見の違いに固執するなら、どんな人間関係も先には進みません。
好きな人がいるなら、意見の違いを乗り越え、自分から歩み寄る姿勢でいてください。
 
もちろん、どうしても理解できない相手なら、別れていいのです。
ただし、相手を丸ごと受け止めていく覚悟があるなら、それに従ってください。
 
きっと、うまくいくでしょう。
譲り合うことで、ほとんどの男女関係はうまくいくのです。
 
 
結局、恋愛も結婚も、あなたの生き方が反映されてしまいます。
生き方が変われば、恋愛・結婚のパターンも変わるのです。
 
あなたが、常に相手の利益を考えられる人であるなら、他の人間関係もうまくいくでしょう。
普段の人間関係がうまくいっているなら、恋愛もうまくいくはずです。
 
「相手が、どうのこうの」という前に、自分を見つめ直してください。
最終的には、あなたの生き方が、問われてくるのです。